基本の基本はホームページをまず作ろう!

ハイパーリンクのしくみを持ったHTML文書は、フロントページエクスプレスでワープロ感覚で簡単につくることができます。このまま Web サーバにアップロードすれば、もうみなさんは「ホームページデビュー」。すぐに全世界中にさながら「放送局」のように情報を発信することができます。 それではまず、情報伝達の原点である言葉、つまりテキスト(文字)のみでハイパーリンクの機能もちょっぴり付加したシンプルなホームページを作ってみましょう。それは、もう立派なホームページでの情報発信です。画像などの取り込み方、凝ったレイアウトなどは、まずは言葉で発信するホームページで骨組みと内容を作ってから、ゆっくり機能を作っていきましょう。

 

どんなホームページを作るか構想を練る

当たり前のことですが、まずは何のホームページを作るかを決めましょう(個人のページか会社などの団体のページかなど)。次にどんなテーマや項目をどんな人々に向けてアピールするか考えます。際だった特徴や 他と違う部分、個人ページでしたら好きなこと、こだわっているもの、他の人には負けない部分などを考えると自然とみつかると思います。どこにでもある一般的なホームページよりも、ひとつでも特徴や個性の光るぺージを目指したほうが数あるホームページの中で注目されやすいのはもちろんです。ある程度の骨組み(ツリー構造図)や項目のメモ、レイアウトのラフスケッチなど自分のやりやすい方法で全体のイメージを まとめておくと、途中で迷わず作りやすいと思います。テキストファイルにしておけば、フロントページエクスプレスにコピー&ベーストすることもできますね。 なお 、ホームページは日々更新していくことも大切なので、 どう更新していくかも考えて構成を練ることも大切です。あまり欲張らず、長続きさせやすい構成を考えましょう。

ホームページ作成なら東京WEBメーカー